手相 金運

【財運線】お金が貯まる人、貯まらない人の手相

投稿日:

生活をしていくには、どうしても必要なお金。
今後の人生、お金に笑うのか、泣いてしまうのか…。

「お金に困る人」「お金に困らない人」には
手相に明確な違いがあります。
自分はどっちのタイプなのか、詳しく解説します。

 

なぜかお金が入って来る人

まずは、お金には困らない人生を送る
幸運な手相をお持ちの方からご紹介していきます。

 

(パターン1)一生安定した生活を送る


このようにハッキリと伸びる財運線がある方は
派手さにこそ欠けるものの
安定した収入に恵まれることを示しています。

公務員や一般的なサラリーマンの方に多い手相で
やりくり上手の堅実家タイプ。
収入が上がることはあっても
下がることは滅多にないので、幸せな生活が送れます。




 

(パターン2)色々なところから収入アリ


このようにハッキリとした財運線が
何本もある方も、まずお金には困りません。
収入ルートが複数あることを示しているので
色々なところからお金が入ってきます。

が、注意点もあります。
線が薄い場合には、金額の少なさを示しているので
あなた自身が納得できないものになります。

また、複数の財運線をお持ちの方は
入ってくるお金が多い分、散財する傾向もあります。
お金を使うことで、新たな収入を得る
タイプともいえるので、無理に節約するのではなく
「使う時は使う」「節約するものはする」という
メリハリが大切になります。

 

(パターン3)センスがお金を呼び込む


このように財運線が小指に向けて
ゆるくカーブしている方は
持ち前の美的センスで大金を掴む傾向があります。

ネイリストやデザイナー、芸術家…など
アイデアや感性が活かせる職業です。

逆に、この線があるのに
「お金が入ってきていない…」という方は
活躍する分野を見誤っている可能性があります。
一度、仕事につなげられそうな
趣味や特技はないのか?立ち止まって考えてみてください。




 

頑張ってもお金が出ていく人

ここからは、なぜかお金と縁が遠い手相をご紹介します。

 

(パターン1)収入ダウンの前兆


このように財運線が切れ切れの状態の方は
お金が入ってきても、すぐに出ていってしまい
手元に残らないことを意味しています。

「今、十分な収入があるんだけどな…」
という方こそ、要注意です。
入ってくるお金が極端に減ってしまう
可能性が高いので、転職先など
今のうちに新たな収入源を探しておくことが賢明です。

 

(パターン2)思うようにお金が入ってこない


このように財運線がクネクネとしている方は
お金を得るのに苦労することを意味しています。

目先の生活や収入に捉われて
いくつも仕事を掛け持ちすることで
余計、悪循環に陥ってしまいます。

仕事をしっかりと選ぶことで
徐々に収入が安定してくるので
「どうすることがベストなのか」を
短期ではなく長期目線で
決断するようにしてください*

 

「今」ではなく「観察」することも大切

手相は、時間の流れとともに
面白いほど変わっていきます。
今、太くてキレイな財運線を持っている方でも
ある日、急にプツっと切れてしまうことも…。
もちろんその逆もあります!

一度チェックをしたことで
安心したり、絶望するのではなく
「今の自分はどうなんだろう」と
ときどき確認をすることが重要です。

何かが起こってしまう前に
十分な準備ができるので、一度立ち止まり
ゆっくりと考える機会にしてみてください*。・

スポンサーリンク


-手相, 金運
-

Copyright© オトナ女子のGirlsコラム , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.