注意点 脱毛

脱毛サロンのゴリゴリ勧誘を断る方法

投稿日:

脱毛サロンで、あるあるなのが「勧誘」。

逆の立場で考えれば、仕方がないとは言え・・・
契約したくない時には、迷惑でしかないもの(´・ω・`)

いくつものサロンでカウンセリングを受けた経験から
回避法をご紹介します。

 

ハッキリ断る!しかない。

断らせない雰囲気を醸し出してくる
脱毛サロンのおねーさんもたくさんいます。

というより、そういう人の方が多いです。
「契約して当たり前感」がスゴイ(;´・ω・)

綺麗なおねーさんが目を見て
契約してよ、と微笑んで来るので、個人的には硬直します・・・

\ まずは無料カウンセリングへ /

みたいに、お気軽感を歌っているのに・・・と思いますよね。




ひとつ言えるのは
遠回しに話を断る方向に持って行こうとしても
話がまったく進みません。

なぜなら、そういう教育とトーク戦術を
向こうのおねーさんたちは、研修で学んでいます。

「のらりくらりは通じない」と肝に銘じて
ハッキリとNOと言いましょう。

 

前もって勧誘の手を緩める方法

わたしがよく使っていたのは、先手を打つ!です。

初回カウンセリングで絶対に聞かれるのが
「これまでの脱毛経験」
「なんで前の脱毛サロンから移ろうとしているのかという理由」

なので、わたしはこう答えています。
「前の脱毛サロンは、行く度に勧誘がひどくて・・・」

この時、明らかに引いた表情をされる方もいますが
「勧誘されたくない」「勧誘されると契約する気が失せる」感を漂わせておくと
結構あっさり引いてくれることが多かったです( ̄― ̄)




 

それでもグイグイくる場合

学生さんであれば
「決定権はにあるので・・・」

主婦の方であれば
「決定権は旦那にあるので・・・」

で、ある程度は逃れられますが
問題は会社員の方やOLさんですね( ;∀;)

今の時代クレジットカードで決済を進めたり
頭金だけでもいいと、かなり粘ってくるので注意が必要です。

お金がない     → クレジットカードでいい
ボーナスまで待って → 頭金だけ今払えばいい
忙しくて来れない  → ネットから簡単に予約できる、変更できる

など、あーいえばこう言ってきます。笑

なので、気が弱くて心配な方は
・お友だちを連れていく
・口コミで勧誘がひどいところは避ける

など、あらかじめ対策を練っていきましょう!

脱毛サロンのおねーさん方も、歩合制の方が多いので
ここぞとばかりに、いい人そうな場合にはつけ込んできます

万が一、契約させられてしまった場合でも
すぐにクーリングオフで、間に合う場合も多いです(´・ω・`)

全部が全部そうではありませんが
体験脱毛や初回カウンセリングに来たら、契約するもの
という空気感を出してくるので

気を強く持って、挑んでください(‘ω’)ノ

スポンサーリンク


-注意点, 脱毛
-

Copyright© オトナ女子のGirlsコラム , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.