恋愛ノウハウ 自分磨き

男性が好きなのは、すっぴんではなくすっぴん風メイク

投稿日:

多くの男性が
勘違いをしている
女性のいう「すっぴん姿」。

しかし、それと同様に
女性の中には
「すっぴん風メイク」や
「薄いメイク」が
一番だと思い込み
ちゃんとしたメイクをされない人も…。

メイクの本当の意味と
男性ウケを理解できていますか?

 

美人こそ陥りやすい「極薄メイク」

もともと目がぱっちりとしていて
鼻立ちもスッキリ。
そんな女性は
あえて盛り盛りメイクをしなくても
すっぴんの状態で華があります。

しかし、それは20代までの話。

30代、40代で
すっぴん同様のメイクで出掛け
「学生に間違えられた」
など、と喜んでいませんか?

海外では、子ども扱いされる
=女性としては
見られていない証拠なのです。

年齢相応の華を咲かせるには
何も厚塗りにする必要はありませんが
しっかりとファンデーションを塗り
“おでかけ仕様”にしてください。




 

ビジネスマンの本音

とあるビジネスマンの方に
相談を受けたことがあります。

「最近、受付の女の子が
薄いメイクにハマってるみたいで…

もともと幼い顔つきだから
短大生が座ってるみたいで
見栄えがしないから
ちゃんと化粧して欲しくて…。

でも僕からそれを注意すると
パラハラだの、セクハラだの
言われちゃうでしょ?」…とのこと。

男性はみんな
薄顔メイクが好きだ!
は都市伝説なのです。




 

TPOをわきまえたメイクを

ただし、いつ何時も
ばっちりメイクが
ウケるわけではありません。

たとえば、ママたちが集まり
赤ちゃんたちのベビーマッサージを
する会場に、ばっちりメイクの
こてこてファンデで来てしまえば…

敏感な赤ちゃんの肌に
ファンデーションが付いてしまいます。
これも違和感ですよね?

社会人として、大人として…

寝起きの状態に近い
すっぴんメイクで行って良い場所なのか?
ばっちりメイクを
していくべき場所なのか?

少し考えれば分かること。

あなたの女性としての
品格や資質が
ひと目見たら分かる外見から
ダダ漏れになっていたのです。

 

メイクは肌に悪くない

メイクをすると
肌が呼吸できなくなってしまい
老化が進む…

そんな勘違いをされている方も
多いように思います。

しかし、汚れた空気や紫外線に
肌をさらすよりも
しっかりとファンデーションなどで
肌をバリアすることで
お肌を保護する役割もあります。

肌の色・ツヤを良くして
美肌を演出できるのもメイクの特権です。

メイクをすることは
悪いことではありません。

すっぴんを見せられなくなる…などと
余計な心配をされる方も
中にはいらっしゃいます。

しかし、メイクはファッションの一部でもあり
せっかく女性に生まれたからには
美しく見える、美しさを楽しめる手段を
自分から手放すのはナンセンスです。

メイクをすることは
社会へのエチケット的な
側面もありますが
第一は、あなたが自分の価値を上げる
手段にもなることを
覚えておいてください*。・

スポンサーリンク


-恋愛ノウハウ, 自分磨き
-

Copyright© オトナ女子のGirlsコラム , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.