恋愛ノウハウ 自分磨き

過度な紫外線対策で、黒ずくめの魔女になってませんか

投稿日:

夏になると
あなたはどんな格好で
外出をしますか?

日傘にサングラス…
日よけ用の帽子に羽織…

自転車に乗るときには
サンバイザーをされている
ご婦人もお見掛けしますよね。

これ実は、海外では異様な
「日本の光景TOP10」に
入るとも言われています。

紫外線対策に気を取られて
大きなミスを犯していませんか?

 

そもそもシミはなぜできるのか?

多くの女性が
紫外線対策をする理由は
「シミを作りたくない」から
だと思います。

しかし、シミができる理由は
紫外線だけではありません。

肌への過度な刺激や摩擦
正しい保湿が行われないことによる
潤い不足…。

女性ホルモンの乱れや睡眠不足…
栄養バランスの崩れ…
過度なストレス…
喫煙、飲酒、食品添加物…などなど。

そのため、いくら紫外線だけを
シャットアウトしても
何の意味もないのです。




 

魔女系女子の肌って
ぶっちゃけキレイですか?

全身黒づくめの完全装備で
おでかけをする
完璧ともいえる紫外線対策女子。

むしろ家の中でも
日焼け止めを塗り
どちらかといえば夜行性の生活で
まったくと言っていいほど
紫外線を浴びない女性
あなたの周りにもいませんか?

そこまでしているのにも関わらず
彼女たちのお肌って
そこまで綺麗じゃないと思いませんか?

実は、紫外線を浴びないことにおり
ビタミンDが不足します。

ビタミンDが不足することで
カルシウムの吸収率が悪くなり
代謝を悪くしていたのです。

最近では、インフルエンザや
がん予防につながる免疫力にまで
影響を与えるとされています。

そんな大切なビタミンDを
魔女のような黒装束で
完全にシャットアウトしていたのです。




 

「美肌=美白」ではない

過度に美白対策を行う
女性たちの多くは
「肌を白く保つことが
 美白の基準」
という間違った感覚を持っています。

彼女たちの中には
白人に憧れを抱き
「こういう風になりたい」
「あぁすれば綺麗なんだ」
と思っている方も多いです。

しかし、私たち日本人と
白人たちのお肌は
根本的に異なります。

映画『テロマエ・ロマエ』で
日本人が「平たい顔族」と
証されていたように
日本人の顔は
凹凸が少ないといえます。

そのため日本人が
過度な美白を続けることで
むしろ顔色が悪く見え
不健康な印象を与えてしまいます。

美肌の基準は
肌のツヤであり、色ではないです。

 

健康的な美肌には
適度な紫外線が必要

全身を真っ黒に覆い隠し
足早に買い物を済ませる。
…その生活いつまで続けますか?

あなたが求める美肌は
青白い顔をした
不健康な肌ですか?違いますよね。

内面も、外見も
健康的で魅力的な肌を作るため
今年の春・夏からは
正しい紫外線対策へ移行してみませんか*。・

スポンサーリンク


-恋愛ノウハウ, 自分磨き
-

Copyright© オトナ女子のGirlsコラム , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.