あるある おもしろネタ

JKなんて遠い昔…リアルどっこいしょ!アラサーあるある

投稿日:


つい最近まで学生だったと思っていたら
気が付けば、女子高生とは10歳以上の年の差が・・・( ;´Д`)

肌も、心も、そこも、あそこも、
しっかりと曲がり始めるアラサー世代。
当てハマり過ぎて怖い?アラサーあるあるをまとめてみました。

 

そもそも、そんなに生きた記憶がない

「30年」という大層な年月を、本当に自分が生きてきたと信じられない。
いや、信じたくない。

 

高校生の2倍生きている

高校生とすれ違うとき、「この子たちの2倍生きている」と
考えると、鏡を見るのが怖くなる。

 

ナチュラル「どっこいしょ」

お母さんたちの真似をして言っていたセリフが
いつしかリアル「どっこいしょ」に変わっている。




 

「お姉さん」「おばさん」どっち問題

小さな子と話すとき「お姉さんはね~」「おばさんはね~」
どっちを使うかで、かなりのタイムロス。

 

「おばさん」「ババア」という言葉に敏感

自分のことじゃなくても
「おばさん」「ババア」という言葉が発せられると、息を止めてしまう。

 

想像もしたくない2020年

「東京オリンピックの頃なにしてるかな・・・」と想像し始めて
恐ろしくなってスグに辞める。

 

若い子が一緒に見える

いつからか10代、20代前半の子の顔の違いが、リアルに分からなくなる。




 

旬のアイドル・俳優が年下

いつしかテレビに出ている「イケメン」たちがみんな年下。

 

ジャニーズJr.の捉え方が変わる

「カッコイイ」だったものが「カワイイ」に変わる。

 

話題のグループが理解できない

10代に人気のアーティストを見ても、宇宙人にしか見えない。
頑張ってみても、良さが理解できない。

 

アラサーの分岐点

30代に入った途端、アラサー20代組に軽く嫉妬。

 

ジェネレーションギャップがすごい

平成生まれの子に「MDって何ですか?」と聞かれて発狂しかける。

 

結婚式のドレス選択

結婚式に着ていくドレスの選択基準が「まだいける」「もう無理」のどちらか。

 

気づけば友だちが減っている

結婚した友だちとは、どんどん疎遠になっていく現実。

 

デビルの要素が多くなる

「え、あの子でも結婚できたの?しかも妊娠してるってことは・・・
 あれに欲情した男がいるってこと?(←自分はかなりご無沙汰。笑)」
と、天使ではなく悪魔がよく出勤してくる(‘ω’)(‘ω’)

 

「カッコイイ=既婚者」の法則

少しでもいいな・・・と思った男性は、凄まじい確率で既婚者。

 

同い年の男が「おっさん」

うわぁ、、、このおっさん。。。と思っていた男性が
後々、年齢を聞くと同じ歳(‘’Д’’)

 

手抜き普段着の結果

会社に着ていく服がパターン化しているので
コンパや飲み会、デートなど、イレギュラーな日はすぐにバレる。

 

行きつけの服屋に違和感が生まれる

好きだったブランドの店員さんが、気が付けば全員年下。

 

似合ってた服が急に似合わなくなる

ある日、急に持っている服が似合わなくなる。
服の系統が迷子になり、ユニクロやGAP、ZARAなど、結果プチプラに走る。

 

美容院で出される雑誌

美容院にいくと、RayやCancamではなく、VERYやSTORYが前に置かれるように・・・
手抜きの服装で行くと、オレンジページやananなど無難なもので対応される。
探り探りな美容師さんの気遣いが、リアルに悲しい(‘’Д’’)

 

常にある疲労感

オールが出来なくなったという以前に、朝起きた時点で既に疲れている。

 

傷が治らない

びっくりするくらい傷の治りが遅くなる。

 

胸、お尻、二の腕、ヒザ、まとめて垂れる

ほうれい線、胸、お尻など、
徐々にではなく、ある日突然、急に退化。

 

やけ食いした後の気持ち悪さが増す

肉より魚派になり、スナック菓子の一気食いができなくなる。

 

公共の場でイチャつくカップルを目で殺す

とりあえずイチャつくカップルは、脳内で呪う。
その後、ご無沙汰な自分と、ラブラブカップルの温度差に気付いて
自分を客観視した結果、自分に引く。

 

冷蔵庫には大量のビール

小腹が空いて、冷蔵庫を開けると
大量のお酒のストックしか入っていない。

 

占い欄の良いコメントは全力で信じる

「信じないけどね」という保険をかけてから
雑誌やネットの占い欄を見る。
悪いことは無視。良いことはありがたく頂戴する。

 

急には出てこない

歳を聞かれても、とっさには出て来なくなる。

 

人の子を親戚目線で育てる

SNSで頻繁に上がってくる友だちや芸能人の子どもに愛着が湧き
いつしか「血繋がってるんじゃないか?」という変な錯覚が生まれる。

 

自分しか食べないのに、それなりに料理が上手くなる

いつの間にか料理ができるようになり、気づくと食器に興味が湧いてくる。

 

お花や四季に興味が出てくる

若い頃はまったく興味の無かった「はかなさ」に心を奪われる。

 

たまに思い出す黒歴史

20代しょうもない男と過ごし、結果として逃した婚期についてたまに考え込む。

 

恋愛の仕方が変わる

心ではなく、頭で恋愛をし始める。

 

脳裏をかすめる老後の生活

考えないようにしていても、ふとした時に老後の心配をしてしまう。

 

ランナーズハイになる瞬間がある

「でも、自分大丈夫じゃね?」という、ふわっとした瞬間が来るが
すぐに現実に引き戻される。

 

いかがでしたか?

20代後半は半分ネタで使う「アラサー」も
30代に入ると、その言葉自体、自分が使っていいのか迷いますよね。笑

女優の桃井かおりさん
「女は30歳過ぎれば、同じ歳」と言われていた重みが
今、まさに身に染みている今日この頃です・・・(‘ω’)ノ

スポンサーリンク


-あるある, おもしろネタ
-

Copyright© オトナ女子のGirlsコラム , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.