恋愛ノウハウ 男の心理

【男の生態シリーズ12】道を間違えても引き返さない

投稿日:

男性とデート中
「あれ?この道じゃないのに」
そう思ったことありませんか?

「お店あっちだよ?」
と指摘しても
「分かってるよ!
 こっちからでも行けるから」
と遠回りしてお店に到着。

いやいや、間違えたなら
認めれば良いのに…
と不満に思うことも。

しかし、男性たちが
道を間違えても認めない
引き返さないという
行動の裏側には
ある秘密がありました。

 

「空間認識」能力に
優れている男性

男性と女性を比較したとき
男性の方が、右脳が大きくなります。

右脳というのは
空間や感覚をつかさどる脳のため
視覚的な情報や感覚から
直感的に正解の道を
導きやすいと言われています。

そのため、遠い昔
女性ではなく男性が
狩猟をしていたのも

獲物を仕留めるためには
どのくらいのスピードで走り
どのくらいの力で
武器を使う…などという要素を
瞬時に判断できたからです。

男性自身も、感覚で
何とかできるんだ!という
自信を持っていることから

道を間違えたとしても
「そんなことはない」
「どうにでも挽回できる」
と思っている節も強くなります。




 

なぜか、間違えたこと
そのものを肯定したがる

男性たちの不思議行動のなかに
「間違えを認めたとしても
 結果的にこっちで良かった」
と言い張ることってありませんか?

たとえば、道を間違えた場合も
「いや、あっちは混んでるから
 結果的にこっちで良かった」
など、自分の間違いを
反省するどころか
肯定する男性が多いのです。

これは男性に多く見られるもので
自分の行動や信念に
矛盾する要素を突き付けられたとき
新しい要素を追加することで
自分に都合の良い結論へと導きます。

 

喫煙者に多い言動

これは、喫煙する男性に
当てはめると分かりやすいです。

「健康のために
 タバコを止めた方がいい」
これは、揺るぎない事実です。

しかし、喫煙者にとっては
「おいしいタバコ」
「至福の一服」を
邪魔する情報が「不健康」。

そこで彼らが追加する情報は
「喫煙者でも長生き
 している人もいる」
「禁煙しても、交通事故に遭うかも」
など、事実を覆してくれる
喫煙者に都合の良い情報。

男性たちの多くは
こうして自分の行動に
矛盾を生じた場合

心の安定を図るために
自分に都合の良い情報を探し
納得させるのです。




 

た、確かに…

ここまでを読んで
女性の多くは「わかるー」と
納得としたのではありませんか?(笑)

お酒の飲み過ぎも
浮気も、浪費癖、タバコも

問い詰めるたびに
訳の分からない
自分にだけ都合の良い言い訳を
ドヤ顔で返してきますよね。

彼らにとって
直感や感覚が優れているのは
自分の方だ!という自信があるため
「どっちみちなんとかなる」
という根拠のない自信を
持っている人も多いのです。

ですが!女性の立場からすると
男性たちの辻褄が合わない
言い訳って腹が立ちますよね。

そこで、提案したいのが
彼らが追加する「情報」に
着目することです。

彼らは、言い訳をするために
自分にとって都合のよい要素を
含んで話し始めます。

「その部分」を的確に指摘し
追い詰めてみてください。(笑)

なんだか分からないけど
いつも言いくるめられていた…
そんな人なら、彼をすんなりと
追い詰めることができるかもしれません♪

スポンサーリンク


-恋愛ノウハウ, 男の心理
-,

Copyright© オトナ女子のGirlsコラム , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.