ダイエット ノウハウ・体験談

摂取カロリーを運動で帳消しにすることはできない!

投稿日:

あとで運動すれば
今から食べる分は
なかったことにできる♪

なんて、甘く考えていませんか?

実は、あなたが
摂取したそのカロリー
運動したからと言って
帳消しされるわけではありません。

朝のおいしい菓子パンも…
寝る前のその一口も…
あなたの中にしっかりと
蓄積されているのです。

 

運動すると
何が「消費」されているのか?

メロンパン、あんぱん
クリームパン、シナモンロール
デニッシュ、ドーナツなど…
女子が大好きな菓子パン。

仕事でたくさん頭を使うし
帰りにジムにも行くから
こんな500~600kcalなんて
すぐ消費されちゃう!
…と思っていませんか?

しかし、その発想は間違いです。

なぜなら、運動をすることで
もちろんカロリーは消費されます。

ですが、ビタミンやミネラルも
同時に消費されているため
まさかの「栄養不足」に
陥っていたのです。




 

自分都合のプラマイゼロ対策は
栄養不足の原因に…

ファーストフードを食べた日
飲み会で暴飲暴食をした次の日など

食べ過ぎたことを
無かったことにするため

次の日の食事を
抜いてみたり…
過度に少なくしてみたり…
していませんか?

これも先程と同様に
プラマイゼロにはなりません。

むしろ高糖質、高脂質の
食事をしたときには
ミネラルやビタミンが不足しています。

にも、関わらず
「昨日食べ過ぎたから」
とご飯を抜いてしまえば

良いことをしていると
勘違いしながら
栄養不足に陥っています。

 

食べ過ぎた時こそ
栄養をとる

食べ過ぎてしまったことで
罪悪感を感じているためか
「食事をとること」を
過度に避ける傾向があります。

しかし、食べ過ぎた時や
ジャンクフードで
栄養バランスが崩れている時こそ
高栄養な食事を摂りましょう。

たとえば…
たまごやお肉、魚、大豆など。

糖質は、脂質と合わせて
摂取し過ぎなければ
脂肪に変わることはありません。




 

食べ過ぎたから
とりあえず運動もNG

連日、飲み会続きだから
運動で汗を絞り出そう!
と思っている方
ちょっと待ってください。

摂取カロリーよりも
消費カロリーを減らせばいい!
と思っている方、危険です。

なぜなら
食事量(栄誉バランス)が
偏っている人が
運動をしても
効果が出にくい状況といえます。

運動の効果を高めるには
脂質が少ない
炭水化物を選ぶことをオススメします。

たとえば…
白米、餅、ライ麦パン
バナナ、オートミール、甘酒
ビーフン、そば…など。

大切なのは
体脂肪になりやすい
「脂質」に注意することなのです。

 

消費カロリー=減量ではない

食べたカロリー分だけ
運動すれば
帳消しになるわけではありません。

また食べ過ぎたから
過度な運動をする
という流れも
代謝の悪さを助長しています。

代謝を上げてくれる
栄養素を摂った上で
摂取したカロリーを燃焼しましょう♪

スポンサーリンク


-ダイエット, ノウハウ・体験談
-

Copyright© オトナ女子のGirlsコラム , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.