婚活 恋愛ネタ

やっぱり変な欲が出てしまう?婚活パーティーの失敗談

投稿日:


そろそろ結婚できればいいなぁ~と
婚活パーティーに参加された経験を持つ方も多いのでは?

ですが、短時間で終了し
それなりの金額(高いやつは女性でも3000円前後)取られるので
「元を取らないと!」と変に焦ることもあります。

そこで婚活パーティーで先輩たちが、よく陥っている失敗談をまとめました。
ぜひ参考にしてみてください!

 

友達と参加してしまった

会場に入るまでは、心強いかもしれませんが
着席型や立食型のパーティーだと、常に隣に「知り合い」がいる状況に。
それではさすがに、積極的にはなれませんよね。

もじもじと恥ずかしがっている間に
人気の男性は、みるみる他の女性に取られてしまいます。
一人参加の男性としても友達同士で来ていると、少し話しかけづらいもの。

そして、帰り際の気まずさもポイントで
自分だけ、友達だけ、カップリングすることも多いので
やはり開始するまでは心細くても、一人で参加する方が賢明です。




 

参加するパーティーを間違えた

たとえば自分が29歳(年内の誕生日で30歳)なのに
「男性:20歳~29歳、女性20~29歳」というパーティーに参加してしまうと
男女問わず、自分より年下の人ばかり・・・。

なおかつ、言葉が少し悪くなりますが
40歳のスレンダー美女と、23歳のぽっちゃりブサかわちゃんであれば
この場でモテるのは、間違いなく後者。

「年下の男の子が好きだし、周りの目は気にならない!」
そんな女性であれば良いのですが、自分が間違いなく年齢上限にくる
パーティーは要注意です。

 

妥協してしまった

まれに顔は「下の上」、勤務先が「メガバンク」、
見るからに性格も悪そうな男性でも、一番人気になっていることがあります。
少しでも高年収、イケメンに女性の人気は集中するのが婚活パーティーです。

そのため自分が「カッコイイな~」と思っている男性には
他の女性たちも目を付けています。

この時「私なんて無理だし~」と他のカップリングできそうな男性で
手を打ってしまうと、のちのち後悔します。
たま~に、そういう男性がすごく良い方で
良いご縁に繋がる可能性もありますが、ものすごく低いです。

「お金がもったいないから」「せっかく来たから」と
自分に好意を持っていそうな男性を選ぶのではなく
「どーせ失うものなんてない」という精神で
第一希望の男性に、アプローチしてみるのも大切といえます。




 

選ぶ男性を間違えた

会場にいる中でも、そこそこのイケメンを捕まえたー!
と思いきや、よくよく考えてみると
「フリーター」「県外在住」で、雰囲気も怪しかった・・・なんてことも出てきます。

顔や服装ももちろん大切ですが
違う?欲を出して「結婚相手」ではない相手を選んでしまうことも。
「恋人を探しにきたのか」「飲み友達を探しに来たのか」
「結婚相手を探しに来たのか」
参加前に、自分の目的を明確にしておくことで
しっかりと条件に合う男性を、冷静に引き寄せることができます(‘ω’)ノ

 

書き間違えた

どう考えても、いい感じだった男性に、メモ帳に電話番号を書いて渡しました。
後日、どんなに待っても連絡はなし・・・
数日後に気付いたのが、スマホを変えたばかりで
以前の電話番号を書いていた、、、なんてケースも。

あとは、「消防士」「マッチョ」「長男」「サーフィン趣味」など、分かりやすく
相手の特徴をメモしておけば良いのですが
「会社員」「普通」「優しそう」など、ありきたりな書き方をすると
アプローチタイムで「●番の方があなたに好意を寄せています」という
カードをもらっても、誰が誰だかわかりません。

限られた時間の中で、進行していくので
焦ってしまうことも多いですが、冷静にしっかりとメモしてください!

 

焦らないこと、変に気張らないことが大事

初めての時は緊張するものの
何度か参加していると、ペースが掴めてきます。

自分にとって良い出会いに繋がるように
最低限の準備をしておくことで、良い結果に繋がります( *´艸`)

スポンサーリンク


-婚活, 恋愛ネタ
-

Copyright© オトナ女子のGirlsコラム , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.