恋愛ノウハウ 男の心理

【男の生態シリーズ28】すぐ「ヤレる」と勘違いする

投稿日:

会社の先輩だから
気を遣って
褒めてあげていただけなのに
「俺のこと好きでしょ?」
と深読みされたり…

仕事帰りに
ふたりで飲みに行っただけなのに
「じゃあホテル行こうか?」
と勘違いされたり…

どうして男性は
ちょっと褒めたり、優しくするだけで
「こいつは俺に惚れている」
「これはヤレる」
という確信を持つのでしょうか?


それは、男女の
パーソナルスペースの違いに
秘密がありました。

 

世の中に溢れている勘違い男

まったく興味のない男性に
「気持ちは嬉しいけどゴメン」
となぜかフラれてしまったり…

合コン中に
見当違いな相手から
「じゃあ、この後オレの家行こうか」
と自信満々に誘われたり…

こっちには
まったくその気がないのに
男性に勘違いされた
経験がある女性も多いのでは?

あれって、女性からすると
かなり不愉快ですよね(笑)

同じシチュエーションで
同じものを見ているはずなのに
どうして男女間で
こんなにも認識にズレが発生するのでしょうか?




 

「お前が俺を誘惑した」
トンチンカンな男側の言い分

勘違い男性の多くに
なぜ勘違いをしたのか?と聞くと

「相手があからさまに
 好意をアピールしてきた」
「女の方が誘惑してきた」

という、まさかの回答をします…

この男女間のズレを
証明してくれる
アメリカの大学で行われた
とある調査結果があります。

この調査というのは
ひとりの女子学生が
レポートの提出期限を延期して欲しい…
と、男性の教授室に
お願いに行くというもの。

この映像を
モニターの男女に
見てもらったところ

女性たちのほとんどが
「女子学生は、教授に
 友好的に振る舞っていただけ」

と回答したのに対し…

多くの男性が
「女子学生は、あえて
 セクシーな服装と振る舞いをしていた」
「教授を誘っていた」

という回答をしたのです。

 

深読みし過ぎる男性たち

女性たちが
円滑な人間関係のためだけに
している振る舞いを

男性たちは
誘惑性的アピールとして
捉えてしまうことが多くなります。

つまり、男性は
目の前にいる女性が
笑いかけたり、親しげに
話してくれるだけで

その先の関係を期待し、深読みして
「俺に好意がある」
「誘って欲しいんだ」
と思い込んでしまうのです。




 

パーソナルスペースにも違いが…

人間には、他人に侵入されたくない
見えない境界線に囲まれた
パーソナルスペースが存在します。

つまり、心理的な縄張りです。

この領域は
一般的に女性が広く
男性が狭い傾向があります。

そのため、女性にとっては
何も感じない距離感でも
男性にしてみると
「やたらと距離が近い」
「そんなに俺のこと好きなの?」

という勘違いに繋がるのです。

 

女性側のせいではない

これまでに何度も
男性を勘違いさせてしまい
「自分が悪いのかな?」
「思わせぶりな態度とったかな?」
と自分を責めていませんか?

しかし男性は、良くも悪くも
すべてのことを
都合よく解釈する生き物です。

そのため、勘違いさせたくない場合は
極力関わらない…に尽きます。

なぜなら、少しでも
女性が親しげで
好意的な言動を取ることで
勘違いしてしまう男性も少なくありません。

男性とは、常に
「都合よく深読みする生き物だ」
と覚えておき
自分の身を上手に守ってください♪

スポンサーリンク


-恋愛ノウハウ, 男の心理
-,

Copyright© オトナ女子のGirlsコラム , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.